USHIOブログ ウシオオートモービルが手掛けるクルマや作業風景に日常など、楽しくご紹介させていただきます♪

最近の記事
☆☆☆ブログ引越しし…
05/17 22:46
☆水廻りのメンテナン…
05/16 19:42
☆K5 ジミーの内装…
05/15 16:17
☆オプティマバッテリ…
05/12 20:33
☆ポルシェのリアルカ…
05/09 14:56
☆ポルシェの続きです…
05/08 13:32
★アメ車マガジン 6…
05/07 22:17
☆ビレットスペシャリ…
05/06 19:53
★電磁弁オーバーホー…
04/30 23:10
☆懐かしい再会☆
04/30 14:34
最近のコメント
アキラ君こちらこ…
ushio automobile 飯塚 05/16 22:40
本当にありがとうござ…
アキラ 05/16 12:43
shiroさんビ…
ushioautomobile 飯塚 05/08 15:22
ヨダレもんですww…
shiro 05/07 12:14
桃原様ホントです…
ushio automobile 飯塚 04/22 23:07
最近のトラックバック
ブルガリ
08/12 16:56
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村

★アメ車マガジン 6月号★

皆様。こんばんは。


ウシオオートモービルの松本です。





今回は『アメ車マガジン』様の取材をしていただいた時の

お話を少々……






「ドレスアップ基礎講座」
という事で


配線処理と電源の話というお題で取材をうけました。





最近よく聞く言葉でDIYというのがあります。



要するに「自分自身でやっちゃおう!!」ってことです。






このUSHIOブログを見てくれておられる方々の中にもDIYを楽

しんでおられる方はいてると思います。





「DIYはダメ!」という事ではありません。



ただ、知識が無いのにDIYするのはやめておいた方がいいで

す。








皆様の愛車に深刻なダメージを与えることになりかねません。



取り分けDIYで作業されやすい工程が


今回特集を組んでいただいた「車の電気作業」です。








最初はデッキ交換などですかねー。


次はLEDとかのヒカリモノとかつけましょうか。




車の電気作業のイイところは、すぐに結果がでるとこです。



プラスとマイナスをつなげば簡単に光ったり、動いたりしま

す。







でも!!


この一見簡単そうに見えますが、わかっていないと後々恐ろし

い事に……





本題に入る前にビビらせ過ぎですよね。スミマセン。



でも、それほどまでに恐ろしいんです。電気は。








さてさて今回の取材協力車は97年GMCユーコンです。





ミラーモニター取付と、サブウーハー用のアンプの配線の取り

回し変更です。





取材で来てくれたのが、アキラ君です!


いつもいつもありがとうございまーす!






↑コレ、取材中のアキラ君を盗撮しました。





まぁこの車のアンプの配線、怖いこと、怖いこと。









ビニールテープも巻かずにエンジンルームの中を走ってます

よ!




エンジンの熱で融けたらこの12Vの線は……




怖い、怖いッッ!!









ワオッ!!しかもこの12Vの線、すンごいところ通って室内

に入ってます。









やっぱりビニールテープは巻いてません。



皮膜がすり切れたらこの12Vの線は……





怖い、怖いッッ!!







アンプに入っている線(12V、アース、リモート、RCA)は

やたら長くて、こんがらがってるし

アンプから出てる線(スピーカー線)も

やたら長くて、こんがらがってます。






配線が長すぎてグチャグチャにしていると、音にノイズが入っ

たりするので、キレイにしましょ!









んでいきなりの完成写真です!









はじめのゴチャゴチャしたアンプ周辺もこの通り!



スッキリしましたー!





今回の内容が詳しく書かれてあるのが


アメ車マガジン 6月号!!!






今すぐ書店にGO!!





少しルールがわかると、もっとDIYも楽しくなるはずです!










では!




他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 22:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

★電磁弁オーバーホール!!★

皆様。こんばんは!


ウシオオートモービルの松本です.









今回はエアサスペンションの電磁弁のお話です。



I 様のお車、「2、3日すると地面に引っ付いてしまうんです

けど………」とのお話。



エアバッグやエアバックの付け根、ホースの劣化や漏れなどを


色々点検しましたが、決定的な漏れは発見できず、最後にたど


り着いたのがこの「電磁弁」でした。








電磁弁を取り外してコイルをはずして見たら………








すんごいサビです!!!













この電磁弁は室内にあったんですよ!!







それなのにこのサビです。






室外にある電磁弁は…………









怖い怖い!!!!






車検毎ごとにオーバーホールおすすめします。






怖がっていても始まらないので、ひとつひとつバラして

キレイに洗浄、しっかり組付けします。

















組付け完了ーー!!












外からの見た目は全部バラして洗浄していない時と変わりあり


ませんが、中身はスッキリきれいになってますから!





写真には残していませんが、あのサビは全部の電磁弁のポート


についていました。




あの写真の電磁弁のポートだけがヒドいって訳ではありませ


ん。






全部ヒドかったです!!!







ホースのささるスリーブも新品に交換して、圧縮空気をタンク


に溜め、4輪全部のエアバッグに空気を張って次の日にメー


ターの目盛が減っているかどうかを確認します!!





次の日、


目盛を確認しましたらバッチリ漏れが止まっていました!





これでエア漏れを気にせずに安心してドライブできますね!






I 様、また何かありましたら何なりとご相談ください。










では。











他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村


週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 23:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

★コンパクトツールって!★

皆様。


こんばんは。ウシオオートモービルの松本です。




このたびの東日本大震災の被害にあわれた多くの方々、


心よりお見舞い申し上げます。



色々な思いはありますが、


僕も本日よりブログを再開することに決めました。




今後ともよろしくお願いします。












さて色々なカスタムワークが出来ますが


ペイントも出来るウシオオートモービルです。





そこで塗料のことで大変お世話になっている



塗料総合商社『S』様!



いつもいつもありがとうございまーす!!



そんなS様、色々なメーカー様と「同行」なるものをしておら

れます。



今回は「コンパクトツール」様と同行です!!




この「コンパクトツール」様、電動工具はもちろんの事、


エア工具も数々取り揃えている素晴らしいメーカー様です。






ウシオオートモービルにも多くコンパクトツール製の工具が

あります。





話を元に戻しますと、この「同行」と言うのは、


「新商品の紹介」です。




作業効率を上げるため、僕たちもですが工具メーカー様も

頑張っておられます!




その努力の結晶を僕たちが、いち早く体感して

その工具の能力を見極めようではないかということです。




いやー。今回見せていただいた工具、スゴかった!


ホントにスゴかった!!




即購入でございますッッ!!!!







ここでウシオオートモービルにあるコンパクトツールをひとつ

紹介。







これは皆さんのお宅には馴染みが無い事でお馴染みの




ダブルアクションサンダー
です。






旧塗膜を削ったり、フェザーエッジを出したりと様々な用途に

使います。





鈑金塗装には必須ツールです!
.
.
.
.
.
.
.
って小っさ!!



ダブルアクションサンダー、小っさっっ!!!!





本物はコチラです。








ふたつ並べると……









ぜんぜん違いますね。





これは「コンパクトツール」様から頂いた

ダブルアクションサンダー型のマスコットです。




レアな物いただいたんで思わずブログネタにしてしまいまし

た。








K君、いつもいつもありがとうねー!


これからもよろしく頼んます!!




それとコンパクトツールの方々、



これからもイイ工具作ってください!








では!!!










他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村




週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 19:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

★ I 様 ビアノ カスタム日記 その6★

皆様!



ご機嫌うるわしゅうございます。





ウシオオートモービルの松本です。






3月に入って少し暖かくなりましてー





仕事のしやすい時期になりましたと思ったらー






「寒の戻り」とかで急激に寒くなったりしやがりましてー








服装に困るッッ!!




仕事中も私服も!




風邪引くわっ!!!






さて今回は


「 I 様 ビアノ カスタム日記 その6」です。





長く苦しいパテ作業も終わり、いよいよ「サフェーサー」

でしたね。





車体側、リアバンパー&サイドステップ側も「作り込み」が激


しいので、サフェーサーで一色になると一段落というか、


なにか大きな仕事を成し遂げた気になってしまいます。




まだまだこれからが本番ですが、作り手としては、



とりあえず「サフェーサー!!」みたいなトコあります。














ココでもう一度、全体の「歪み」を確認します!





しっかりきっちり当て木をあてて研ぎます。











「サフェーサー」だけではブログが短文になってしまったので


もう「ペイント」まで書いちゃいましょう!!





塗る部分以外をしっかりマスキングし、脱脂作業を終えれば















いよいよ「ペイント」です。









出来るだけホコリが付かないように、


出来るだけゴミがのらないように、





我がウシオオートモービルではいつも「ペイント」の時に心

がけていることです!




塗装するようになってもうすぐ9年くらいになりますが、


未だに「塗りきりでゴミ無し」って塗れてないです。




どれだけ気を使っていても、気温や湿度、季節などいろいろ


関係してくるので、ホント難しいです……




弱音は吐きません!塗るまでは!!






「塗りきりゴミなし」、塗れた暁にはブログにて報告したいと

思います。






っと僕がそんな意思表明してる間に、ブログを書いている僕で


はなく、現場で作業した僕がカラーベースを塗り終えました


よ!










実はこの写真、レア度高いですよ!




なぜなら「色」を塗っただけでは「ツヤ消し」になってるから


です。





このあと「クリアー」を塗装してツルツルの仕上がりになるか

ら、この写真を撮れるのは


”この時、塗装していたペインター”


だけなんですよ。



ホコリとかゴミとかにシビアな環境の塗装ブースには


塗装中は基本的に普通のツナギでは入出禁止です!!




↑このツナギはまた紹介します。






いよいよ「クリアー塗装」です。 





しっかり塗ると






















あらいいですね










さっきとは打って変わってツルッツルです!!








完全乾燥後、ホコリを取って、ペーパーをあて、磨きに入りま

す!!






いよいよ全貌が明らかに!







乞うご期待!!!









では!









他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村






週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 22:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

★N様 ハーレー カスタム日記 その4★

皆様!


こんばんは!



ウシオオートモービルの松本です。






2月は逃げるってよく聞くけど………






僕は





毎月、逃げてる気がするんですけどねッッ!!




コレが30代の時間軸なのか………











まぁ僕だけじゃないですよね。



あっと言う間にGWなんてすぐそこに来てる気がして怖いで

す!



1日、1日頑張って仕事、仕事ー!!






今回は「N様 ハーレー カスタム日記」の4回目でしたね。





いよいよ「サフェーサー」です。



コレが終了すれば、あとは「ペイント作業」です!!






この色んな色が入り交じったバッフルが……










サフェーサーを塗ると、1色になりグッと雰囲気が出てきて


イイ感じです!









こういう「作り込み」の作業をしていますと、この


「サフェーサー」の作業がもの凄く楽しみなんです!





マダラ模様のパテ部分一体がサフェーサーによって均一に1色


になることで、製作した造形物の全体像が、自分の想像通りに


作れているかを確認できますし、何よりお客様が見て



『おぉ!!』



と言っていただけますから。





サフェーサーを塗装後はしっかり乾燥させて、



埋めきれなかった小さい素穴をスポットパテで埋め、




それを水研ぎすれば、いよいよ「ペイント」です!
















N様のハーレーは重厚感のある「ソリッドブラック」なので、


それにあわせてバッフルも同じ色でペイントしました!






ソリッドの塗装ってスゴく気を使います!


(↑その他の色もかなり気を使っていますが……)









ブラックを塗装後、クリアーを塗装します。







そうするとどうでしょう!!










このツルツル感ッッ!!!








蛍光灯がまっすぐ写り込んでいますよっ!








キレイですねー







コレを乾燥させて次は磨きに入ります。





いよいよ最終段階!






次回、


『N様 ハーレー カスタム日記 その5』




磨き&取付の様子をお伝えします。







では!











他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村














週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 01:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

★ I 様 ビアノ カスタム日記 その5★

皆様!!




いつもいつも『USHIOブログ』を閲覧していただき、



誠にありがとうございます。





アーンド今日から『USHIOブログ』を見てくれた方々!!



はじめまして。ウシオオートモービルの松本と申します。



このブログ、少しでも気になって読んでいただけたら、これ幸

いです。


皆様のパソコンの「お気に入り」に入れる様、頑張ります。







さてさて今回は「 I 様 ビアノ カスタム日記」5回目でご

ざいます。






前回予告しましたが「パテ作業」の巻です。









でもこの作業、地味すぎて書く事があんまりありません!







地味なんですが、



「思いどおりの形になるようにパテを削る」



という行為はとても難しいです!!



同時に



「無駄な所にパテをつけない」




この技術も難しいです。




その2つが出来るのもコレがあるからです。










そうです。両手です。



この手のひらで加工したモノの表面をなでると、




「ココが低い!」とか「ココか高い!」



というのがわかります。



この感覚をつかむのに相当苦労しました…………








この話はいいですね。スミマセン。本題に戻ります。










I 様のビアノのオーバーフェンダー部分、


パテを…………






盛って削って盛って削って盛って削って盛って削って

盛って削って盛って削って盛って削って盛って削って

盛って削って盛って削って盛って削って盛って削って

盛って削って盛って削って盛って削って盛って削って





この作業を何度も繰り返しました。




少し削っては形を確認しながら、









その作業の結晶がコレです!!










ちゃんとモール部分の『スジ入れ』もバッチリです!






この形にするのに一体何時間使ったことでしょう…










次はいよいよ「サフェーサー」です!







このマダラ模様が1色になると…………














ん~。楽しみです!





次回をお楽しみに!!









では。







他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 10:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

★パテ作業がつづくと......★

皆様!




こんばんは!!





ウシオオートモービルの松本ですよ!






今回は毎度おなじみ『カスタム日記』ではありません。


今、僕がUSHIOブログでお伝えしている二つのプロジェクト、






その二つともが通る道に「パテ」というモノがいてます。







ハードな作り込みや一般的な自動車鈑金など、色々な場面にかか

せない「パテ」







パテ作業を数時間すると……………






週明けにおろしたばかりのツナギが、











こうなりますッッ!!!!!













どうしたッ!真っ白じゃないかッッ!!





ええ、いつもの事です。






当然マスクをして作業していますが、ツナギのほうは汚れ放題

です。






1日に何回もこの「パテの粉」を払い落としてますが、


付着する量がハンパないんで…………







パテ作業が続くと「毎日粉まみれ」です。



髪の毛も真っ白です。




燃え尽きてはいませんが、色々真っ白です。






我が社に来店してくれる多数のお客様、






僕、粉まみれでスミマセンッ!




かなりお見苦しいかと思います。






気をつけてはいるのですが………














今回は「僕、たまに粉まみれでゴメンナサイ」みたいな

謝罪ブログになりました。





次回は『カスタム日記』書きますよー!





では!









他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村

週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 23:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

★N様 ハーレー カスタム日記 その3★

皆様!こんばんは!




今週もはじまりました、『ウシオデイズ』!!




書いているのは

冬の寒さで手の荒れと、ひび割れがヒドいでおなじみの



ウシオオートモービルの松本です。





今回は『N様 ハーレー カスタム日記』の3回目です。




「発泡ウレタンを積層」でしたね。






それではいってみましょう!








今回は「発泡ウレタンキューブ」ではなく、


二つの液を混ぜると発泡ウレタンになるモノを使います!



コレの利点は、反応が始まるまでは液体なので、奥まった隙間

などにも行き渡る所です。





この材料も一長一短なので、場所やモノによって使い分けま

す。









………………などと軽く説明をしていましたら、あれよあれよ

と言ううちに反応が始まり、モリモリ発泡してきました!!







なんか色と形だけ見てると、お菓子みたいに見えません?





ウマくはない…ってか食べちゃダメです!








後はこのモリモリをイメージ通りに削っていきます!






純正のラインのアールにあわせて……















ん~。イイ感じ!




後はこの上からFRPを貼って………







完全乾燥後、表面をけずり、毎度おなじみ「パテ」を盛りま

す。







盛って削って盛って削って盛って削って盛って削って

盛って削って盛って削って盛って削って盛って削って

盛って削って盛って削って盛って削って盛って削って

盛って削って盛って削って盛って削って盛って削って








なんだか怖い呪文みたいになってきましたー!



もうやめますー!!




もう言いませんー!!






形になってきたら、ペーパーの番手を細かくしていき


最終的には水研ぎで仕上げます。







この後はいよいよ「サフェーサー」ですが、








それはまた次回のお話。







では!










他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村




週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 21:52 | コメント(2)| トラックバック(0)

★ I 様 ビアノ カスタム日記 その4★

皆様!



どうも、こんばんは。


ウシオオートモービルの松本です。



『 I 様 ビアノ カスタム日記 』4回目に突入です。




作業内容からして

『 I 様 ビアノ カスタム日記 その10』


くらいになりそうです。




あともう少し、お付き合いくださいね。




さて今回は、

発泡ウレタンを削った後FRPを貼付け、


完全硬化後、長く険しい「パテ作業」


でしたね!





覚えてますか?





復習は以前のブログを読んでください。








その肝心のFRPの貼付け作業の様子なんですが………














完ッッッッ全に撮り忘れてましたー!





よくあることです。




過去は振り返らず、まっすぐ前を向いて歩いていきましょう。








FRP完全硬化後、シングルアクションサンダーやらベルトサン

ダーやら、その他大勢の「削る道具」をつかって表面の凸凹を

とっていきます。






その後はひたすら「パテを盛ってはパテを削る」





寝ても覚めても「パテを盛ってはパテを削る」






泣く子がいても「パテを盛ってはパテを削る」










とにかく「パテを盛ってはパテを削る」ばかりの日々が続くと

言うことです。









発泡ウレタンでだいたいの形を作っておかないと、この「パテ


作業」の時間が増えますし、何より重たい!!






『早く、なおかつ軽く』




ワンオフのモノを作るときには、いつも我が社で考えているこ


とです。



「パテ」というのはどうしても痩せてしまいます。


僕たちがどれだけ気を使っても痩せます。


痩せないように色々やっていますが、勝手に痩せます。







だからあまり「パテ」を大量に使いたくはないのです。



でも、使わないと作れないモノがたくさんあるので使います。





痩せないパテが欲しい………










何かおかしな感じになりましたが、要するに我が社では、何で


もかんでも「パテ」に頼らず、適材適所で色々な素材のモノを


使ってワンオフのパーツを作らせてもらってます。









次回はパテ作業の模様をお伝えします。







では!




他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 17:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

★N様 ハーレー カスタム日記 その2★

皆様!



こんばんは。




ウシオオートモービルの松本です。

 

二月は日にちが少ないので、何か調子が狂います……








しかし、狂っている場合ではありません!



仕事、仕事ーー!!!





『N様 ハーレー カスタム日記 その2』
ですが、



サブウーハーの出面を最小限におさえて、見た目を重視させる


ため、かさ上げする高さを15ミリにおさえました。










サブウーハーともなると、下のマグネット部分が一般的なコン


ポーネントスピーカー(自動車のフロントドアやリアドアに入


れたりするスピーカーです)より大きくて、重たくて、取付部


分の厚みが15ミリでは不安極まりなかったので




「15ミリ+15ミリ」の合計30ミリのリングをMDFでつく

りました。







二つのバッフルを「木工用ボンド+タッカー」でしっかり留


め、さらに「2液ボンド」「ボルトナット」でガッチガチに


固定してから次の作業に取りかかります。



この画像のバッフルの凹んでいる部分の四点を「ボルトナット」

で固定します。







ネジの頭が飛び出ないように、「えぐり」を入れて掘っていま

す。











次の工程では隠れてしまって見えなくなりますが、こういう所

もしっかりきっちりしておかないと!








次はいよいよ足りない部分を「発泡ウレタン」で積層します!




乞うご期待!!








では!




他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 21:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

★ I 様 ビアノ カスタム日記 その3★

皆様!


こーんばーんはーー!



ウシオオートモービルの松本です。







『 I 様 ビアノ カスタム日記 』も今回で3回目です。





今日からはいよいよ大掛かりな作業にとりかかります。





どうなることやらー!





では本題どーぞ。





オーバーフェンダーの一体化の作業もある程度終わったので、


リアバンパーとリアタイヤ前


の部分に着手
したいと思います!






どちらの最下部も50ミリ延長ですからねー。



こんな時は




これを使いましょうッ!!







『発泡ウレタンキューーーブ!!!』







この豆腐みたいなの、使いやすいんスよねー。


サクサク削れます。



なによりサイズがイイです。




これをリアバンパーとリアタイヤ前、サイドステップに貼付け


ます。





………………







ここでウレタンキューブを貼付けた画像を複数貼付けたかった


のですが、作業に没頭していて写真が一枚しかありませんでし


た!



スンマセンッ!






多分、この後もチョイチョイやらかします。





………で荒削りしたのがコレッ!



























裾野が広がってドッシリした感じになりそうです。




慎重に慎重に……






ホントに慎重に全体のイメージを損なわないように削っていきます。








この後はFRPを貼付けて、完全硬化後、パテ作業にうつります。





いよいよ形になってきました。






ここからは地味な作業になりますわ………




  



その地味作業はまた次回ーッ!







では!








他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村



週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 21:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

★N様 ハーレー カスタム日記 その1★

皆様!



お久しぶりでございます。




約一週間ほど会社を留守にしていました。




ウシオオートモービルの松本です。








さてさて今回は『 I 様 ビアノ カスタム日記』ではなく、

『N様のハーレーのオーディオカスタム』のお話です!






以前に左右のリアバッグにバッフル製作とスピーカー取付、

フロントカウルのスピーカーをバッフル製作&スピーカー交換さ

せていただいた車両です。





今回はシフトチェンジペダルとリアブレーキペダルの上あたりの

「レッグガード」と呼ばれる部分に、サブウーハーを取り付けます。








ええぇぇえぇえぇぇぇーー!!!



サブウーハー入れんのっ!










ハイ、入れます。





N様のレッグガード部分にはもともと小物入れが付いていました

が、純正部品でスピーカーが入るようになっているパーツがある

みたいです。



今回はそのパーツとMDFを使ってバッフルを製作したいと思い

ます。






コレが純正のバッフル


本来は160ミリのスピーカーが入るみたいです。

↓↓




 




今回使用するサブウーハー、JL AUDIO


6W3v3-4!!


取付深さが108ミリ、サイズが165ミリとかなりの小型のサ

ブウーハーです。



















………………が入らない!!








当然です。





サブウーハーの要領を稼ごうとすると、相当前に出さないといけ

ないので、今回は見た目を最優先して取り付けます!!








どうなることやらー








それではまた次回。









では!






他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 22:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

★ I 様 ビアノ カスタム日記 その2★

皆様、こんばんは!




ウシオオートモービルの松本です。





続けての登場、驚かれているのではありませんか?






僕も驚いていますっっ!!







今年は何かが違いますよ!





多分………






きっと………







さてさて前回は『 I 様のビアノ』のカスタムプランを発表しまし

たので、早速作業に取りかかりたいと思います。







まずは I 様のご要望のプランをふまえて、全体の完成予想図を頭


の中で作り、どの材料を使って作業するかを考えます。



↑↑この作業、モノを作る上でとっても大事だと思っておりま

す。これをしないと、作りながら、その時々で考える時間が増え

るので非効率的です。(考えていても予期せぬ事態が起こったり

もするので……)





頭の中で完成したら、後は手を動かすだけです!!







と り あ え ず




塗装面を剥離します!




削るべし、削るべし、削るべし!!






………で削られた姿がコレッ!











しっかり素地を出さないと、密着が悪くなりますから!!

(コレ、何サムライ?)





まずは、以前に製作したオーバーフェンダーを一体化しますか!







素地の出たボディ部分に、2液性の接着剤(主剤と硬化剤を1対1

の割合で混ぜると、熱によってカチカチに硬化するモノ)を使っ

てくっつけます。





しっかり硬化した後、パテを隙間に詰めてFRP(説明は省きます)

を貼りつけます。

 





FRPが完全に硬化したら、ペーパーをあてて


痩せにくく、研ぎにくいパテをつけます。





一回パテつけして、研いだのがコレです。






この部分はこれでほぼ終了ー。








残る大作業に取りかかる…………









のは次回のおはなし。












では!





他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 21:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

★ I 様 ビアノ カスタム日記 その1★

皆様、こんばんは!





ウシオオートモービルの松本です。






一週間空きの登場です。





気がついたら1月もあと一週間チョットですね!





もう寒いったらナイっす!!




手が冷たい!! 




会社で使う二液性のモノ(色々あるので………書きません。)の硬化が遅い!!!




あと………














(二回書いたしつこさと縦書きの読みにくさ、スミマセン。)





寒すぎて色々仕事に支障をきたしてますが、



毎日がんばっております!





さてさて新年初日にお預かりした「 I 様のビアノ」


今回はどのようなカスタムプランなのかと申しますと、



『リアフェンダーをオーバーフェンダー化+α』











細かく言いますと、


写真でもおわかりの通り、すでにオーバーフェンダーは付いていますが(これも当店で作らせていただきました。)、


『一体感が欲しい!!』



とのご要望でしたので、このオーバーフェンダーをボディと一体化………





ですが、ここで終わらないのが『 I 様のビアノ』です!!





リアタイヤの前の部分(スライドドアより後ろの部分)の最下部を

約50ミリ延長!




これに伴いリアバンパー(これも当店にて作らせていただきま

した!)の最下部も約50ミリ延長!!




それとリアバンパー延長部とリアタイアとのクリアランスの寸詰め!約15ミリ!!!




さぁさぁこの先どうなる事かッ!!






今日はここまで。






では!








他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 01:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

★久方ぶりの登場デス★

皆様!



新年あけましておめでとうございます!!


(もう三週間もたっていますが...)





久しく登場していなかったので、僕の事お忘れになっているんじゃあないですか?



ウシオオートモービルの松本ですよ。




えぇっ!?



『10月から今までブログ書かずに何してたんだ。』


『...ってかそもそもブログ参加してた?』




などなど、皆様、口には出さずしてもそのお気持ち、痛いほど感じておりました。



スミマセーン……



2011年からは心を入れ替えて、ブログ参加に邁進していきます!





何とぞ暖かく見守ってください。






さてさて、新年一回目は……




この車ーーーッッ!!!







USHIOブログを見てくれている皆様にはおなじみ


I様のビアノでございます。










新年初日から入庫していただきました。



今回のカスタムプランは一体………







詳細は次回っ!!







今日はこれにて終了です。





では!





他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 21:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

★大好評のキャンペーン 第2弾!★

皆さん、こんばんは!


「週刊ウシオデイズ」編集長(?)の松本です。




久々の登場で、皆さん僕の存在を、お忘れになってるんじゃないですか?




そりゃあ確かに、前回の更新から一ヶ月以上空いてますよ!



「週刊」じゃなく「月刊」ですよね。



盆が明けてからも、連日の猛暑のせいで体力が無くなってるんですよ!!




仕事終わってから家で飲む酒がおいしくて、おいしくて、飲み過ぎて、気付いたら寝てるんですよ!!!







二つ目に書いた『猛暑』の事は、皆さん同じですよね。


自分だけ「不幸な星の元に生まれてしもたー!」みたいな書き方してスミマセン。

もっともっと汗水流してがんばります!




最後に書いた『酒』の事は、全く関係ないですね。


完全なる「自業自得」であります。




皆さんも暑いからと言って、酒の飲み過ぎには注意ですよ!!








いや、もう「暑い」を通り越して「涼しい」になっている…。




今はもう10月ー!!


そんなに酒も進まねぇよ。



久々の登場なのに、なんたる季節感のズレでしょう。



色々とヤラカシチャッテマス……。





一ヶ月半近く野放しで生きててスイマセン。







理由はどうあれ、


「週刊ウシオデイズ」第9号、発行ゥー!!









8月末まで行っていた「バッテリーキャンペーン」



本当に多くのお客様(お近くの方から、遠方の方まで)、

業者様(こちらもお近くの方から、遠方の方まで)からの



お問い合わせ&ご注文ありがとうございました!!




この場をかりて、心からお礼申し上げます!




前回のキャンペーンからわずか一ヶ月ですが




な、なんと!



第2弾やっちゃいますよ!!



今回のキャンペーン対象品は



どんな車にも付いている(バッテリーもですが…)




ワイパーブレードです!!









今回もあの阿部商会様の特別協力でございます!



そんなステキな阿部商会様のホームページはコ・チ・ラ!


↓↓↓↓↓↓↓↓
株式会社 阿部商会様



阿部商会のI様、いつも色々とありがとうございます!!



ACデルコのワイパーブレードの中でも、今回は



「ビームワイパーブレード」



この商品が今回のキャンペーン対象品になります。



ワイパーブレードは、ここ数年で革命的とも言える進化をとげました。


近年、一部の欧州車や高級車に採用されている


ワイパーゴムの両横に、補強の二本の金属プレートのないワイパーが


「ビームワイパーブレード」

なのです!!


詳しい「ビームワイパーブレード」の説明はコ・チ・ラ!

↓↓↓↓↓↓↓↓
ACデルコ ビームワイパーブレード



従来の金属とゴム製のワイパーとの違いは


ワイパーブレード自体がフロントガラスを数カ所の「点」で


支える構造だったために、ガラス面にかかる圧力に強弱が発生し


拭き残しがあったり、ビビリ音があったりしました。




しかーし!この「ビームワイパーブレード」は


フレームとラバーを一体化した革命的構造で


ガラス面にかかる圧力を均一にし


拭き取り性能を大幅に向上させたため


拭き残しやビビリ音を極限まで減らしましたとさっ!





性能のスゴさもさることながら、この


「ビームワイパーブレード」


何つったって見た目がイイ!!



今までの金属製のブレードとは違い

フロントガラス上でも違和感無く

自然な感じで、愛車をカッコよくしてくれます!!






この連日の猛暑で人間もですが


ワイパーブレードも悲鳴をあげておりますよ。


「ゴムがカチカチになって、キレイに拭き取れなーい」


「ブレード部分がサビてて、何かカッコ悪ーい」




今このブログを見てくれている方々ー!!


ワイパーブレードのリフレッシュ、しませんか?

今ですよ!今!!



今装着しているワイパーブレードにそろそろ「お暇」をだしてあげましょうよ。



コレもなにかのご縁です。

最後までブログを見て、注文を入れちゃいましょう!



もちろん我が「ウシオオートモービル」でっ!!



国産車、輸入車の車種別の適合、在庫の有無など


迅速に対応させていただきますよ!!





ってことでブログの続きをどうぞ!






多くの国産車に無加工で取付できるのは


当然なんですが


輸入車(特にアメ車!!)にも数多く適合する

「アダプター」が同梱されてあるのが



ACデルコのスゴいとこです!!



大型のカー用品店に行っても



アメ車のワイパーブレードってなかなか売ってないですよ。


ネットで注文するにしても


サイズを自分ではかったりするのが面倒ー。


って方々!



是非是非、一度「ウシオオートモービル」にお問い合わせください。


お客様の愛車の「ビームワイパーブレード」は


僕たちが適合表から導き出しますから。



さてさてアメ車の適合例をいくつか御紹介。



まずは超有名な


アストロ(全年式)と
 

92~98年までの


サバーバンとタホの適合から。



アストロ&サバーバン&タホは



フロントガラスに FS450が2本





リアガラスに FS325が1本



(写真はFS350ですが...)

合計3本からなります。




FS450は定価 ¥2,700(税抜)がなんと驚きの

↓↓↓↓↓↓↓↓
¥1,890! (税抜)

FS325は定価 ¥2,600(税抜)がなんと驚きの

↓↓↓↓↓↓↓↓
¥1,820! (税抜)




革命的ワイパー

ACデルコの「ビームワイパーブレード」



3本購入しても¥10,000以内でおさまり


なおかつ、おつりまできますよ!


もう買うしかないっしょ!!




つづいては

99年以降のシボレーのタホ、サバーバン、シルバラード


ダッジのマグナム、クライスラーの300Cなどの


フロント用に使われている



FS550!!




これを2本買うと、もうOKです!



FS550は定価 ¥3,100(税抜)がなんと驚きの

↓↓↓↓↓↓↓↓
¥2,170! (税抜)


リンカーンのナビゲーターや、一部のフォード系には


FS500!!



これもまたまた2本買うだけでOK!


FS500は定価 ¥2,900(税抜)がなんと驚きの

↓↓↓↓↓↓↓↓
¥2,030! (税抜)




と代表的なアメ車のラインナップを軽く上げましたが


なにせ適合車種が多いため、ここでは全部紹介しきれません。


スミマセン。


ですがこの「ビームワイパーブレード」は


FS300からFS700まで、全17種類、


25mm刻みでラインナップされております!



あなたの愛車にもきっと取り付けれること間違いなし!



(一部の欧州車では、特殊なアダプターにより適合のデータが取

れていないものもありますので、一度お問い合わせください)





どうですか!この


「ビームワイパーブレードキャンペーン」!



全ラインナップ30%オフッ!!


気になる送料は




沖縄、北海道のみなさまは ¥980ー!



その他の皆様は ¥630ー!



期間はこのブログをUPした今日から10月31日までです!



アメ車のサイズのブレードのみがキャンペーン



という訳ではございませんよ!!





国産のお車の方々もドンドンお問い合わせください!



なんてったって30%オフだかんね!






メールでもお電話でも、どちらでもお待ちしております。




↓↓↓↓↓↓↓↓
ウシオオートモービル









次回は





もっと早いことブログ更新します……






スミマセン。








ではまた!









他のカスタムブログ&ウシオブログのランキングはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 22:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

★バッテリーキャンペーン 近況報告★

皆さん、こんばんは。「週刊ウシオデイズ」編集長(?)こと松本です。




7月もあっという間に過ぎ、もう8月も中盤!!



みなさんは


食欲不振、睡眠不足……




いわゆる「夏バテ」にはなっておられませんか?




今年はまれに見る「猛暑」



いや、「酷暑」などと言われ、






各地でも、例年の平均気温を大きく上回っております。





こう言って、お客様の体調の心配をしている僕自身が



「夏バテ」になっております……。




スミマセン。







もう、モグモグ噛んで食べるモノはいらないんです!







ツルツルっと流し込める、そうめん的なモノでイイです!







毎年、食欲はなくならない(かと言って、大メシ喰らいではないです。どちらかと言えば、かなりの少食です)方なんですが、


今年はキましたね!!



これが「年齢」という



超えられない壁なんでしょうか!?





気持ちが若いだけに、苦しいですねー




皆さん!!色んな意味で頑張り続けましょうよ!!!





ってことで、「週刊ウシオデイズ」第8号、発行しまーす!








さてさて今回のお題は、先月末に僕が書いた、



バッテリーキャンペーンの近況報告です。






ウシオオートモービル初の試みとあって、



ブログをアップした日からハラハラ、ドキドキ(←死語確定!)




していましたが、既存のお客様方、各業者様方、新規にお問い合わせいただいたお客様方から、




ホンッッ………………トに多くのお電話、メール、ありがとうございますっ!!!!








日頃、ごひいきにしていただいてるお客様はもちろん、


ブログを見てくれている近隣&遠方のファンの方々に




少しでも、何か出来ないかと



社長と阿部商会様、ついでに僕とが考えた、



バッテリーキャンペーンこんなにも反響があるとはおもいませんでした。





各都道府県に発送もしています!


我が社でも取付させていただいております!



その実例とお値段を、再確認ということで、



もう一度、我が社での売れ筋をご紹介させていただきます!!












まずは、シボレーのアストロ、タホ、サバーバン、C-1500などに取付可能



U-4.2L!!  (レッドでもイエローでもいけます)







少し古いアメ車は、トップターミナルではなく、


サイドターミナルが主流ですので、




必然的にラインナップも限られます。




パワフルなスターター性能に特価したレッド!!



充放電を繰り返すならイエロー!!





どちらのサイズも全く同じで、お客様のニーズにお答えできるようになっております。





このバッテリーがな、な、なんとっ!!



レッドトップ

¥45,500  → ¥27,300



イエロートップ

¥56,000  → ¥33,600



送料は一律¥800いただきます。(離島はのぞく)







ここで、オプティマバッテリーを使ったお客様の車の、発展型をご紹介します。




サイドは純正のラインで使いますが、





トップが残っております。





オーディオシステムを組んだりするときの



パワーアンプ、プレーヤーの電源を



空いているトップターミナルから取ったりしてはどうでしょう。





まずは、


4chアンプ1基、


フロントスピーカー、


サブウーハーx2


なんてのはどうでしょう!!




少しの金額で車内の音質を劇的に変化できますよ!






そういったオーディオの事も、



我が「ウシオオートモービル」でっっ!!



色々なメーカーの良品を




正規代理店を通して取り揃えております!




ぜひ一度、ご相談ください。


(インナーバッフルのみからでもOKですよ!)




使用する商品の金額もありますので、一度




お電話、メールなどしていただければ、




すぐに返答いたしますよ。



  

続いてのご紹介は


100D23R!! 100D23L!!











この二つは、先ほど紹介したU-4.2Lより



少し小さいボディですので、




数多くのモデルに対応しております!



トヨタのアリスト、ハリヤー、プロナード


ニッサンのフェアレディZ、フーガ


スバルのレガシー





どれも有名で、大人気の車種ばかりです!!




上記以外の車種への適合も、




気軽に連絡ください。




迅速に返答いたします。


気になるお値段は、


100D23R、Lともに



¥36,900  → ¥22,140



送料は一律¥800いただきます。(離島はのぞく)





続いては、国産のコンパクトサイズに


(ヴィッツ、マーチ、そしてなんのあのプリウスも!その他etc)


ボルトオンで取付できる



80B24L!!  80B24R!!










最近の国産売れ筋コンパクトってバッテリーが小さいんですよ。


全ての車種に適合………とまでは言いませんが、



かなり多くのモデルに対応しております!





(最近のホンダ車のコンパクトは、純正のバッテリーのサイズがなぜか小さいため、適合するモノが他のメーカーに比べて少ない気がします。スミマセン)





コチラのスモールサイズのオプティマは


イエローのみになります。





上記で紹介したコンパクトよりかは、



少し大きいコンパクトになりますが、



トヨタのセリカ、


ホンダのS-2000、アコード


ニッサンのスカイライン


などの車にも取付可能です。




その他の様々な車種に対応しておりますので、



一度気軽にお問い合わせください。



驚愕のお値段が、これだー!


80B24R、Lともに


¥38,000
  → ¥22,800





以前、我が社で



リアハッチにワンオフオーディオ製作させていただいた、





I様のシビックタイプR!!







パワーアンプ、サブウーハーx2、フロントスピーカー




このオーディオ鉄板システムをMDFFRP



製作させていただきました。




イエロートップは、前にも述べたように、




充放電を繰り返しに強く、継続的にパワーを供給できる



スターター兼用のバッテリーです。


バッテリーに蓄電されたエネルギーを




100%まで消費できます
ので、





暑い夏でも、寒い冬でもガンガンにオーディオ鳴らしちゃってください!!





I様、オプティマバッテリーご購入&取付施工させていただき



ありがとうございました。








「ブログ、読んでますよ!」




この一言、編集長(?)として、大変うれしかったです!!



「こんな、いつUPされるかわからない、

僕の”脱線長文ブログ"を見てくれているんだ……」




と思うと




仕事放棄する暇はありません!



たまに白目むきながらですが、これからも




バリバリ編集して、



ドンドンUP!!!…………















スイマセン!ウソです!言い過ぎました!!







今まで通り、チョロチョロと



少しづつUPしていきたいと思います……








元い、I様!!

本当にありがとうございました。また遊びにきてください!








さてさて、バッテリーキャンペーン


まもなく折り返し地点にさしかかり、数で言えば、




オプティマのレッドトップがよく売れております!



続いてはオプティマのイエロートップですねー!








「あれ?ACデルコのバッテリーは??」



とお思いの方もおられるでしょう。







阿部商会様の特別協力で



2大ブランドを取り上げることになった





このバッテリーキャンペーンACデルコのバッテリーも




超超大特価なのですが、




オプティマのスペシャルプライスの方が勝ってしまい、




現時点では、オプティマの注文を多くいただいているのが状況です。




どちらのバッテリーも



正規品で




アフターもしっかりしてます!





売ったら売りっぱなし、ということはございませんので、



ご安心を!!



オプティマ、ACデルコ、ともに



あと半月、キャンペーン中ですよ!!




全国の皆様からのご注文、まだまだお待ちしておりますので!







と言いながら、15日から19日まで夏期休暇をいただきますので、






休暇期間中は、メールでのお問い合わせでお願いします。






休み明けの20日から、早急に対応させていただきます。








ウシオオートモービルは明日からお休みです




久々の連休なんで、テンション上がります!







ではまた!




週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 20:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

★お待ちかね、バッテリーキャンペーン★

皆さん、こんばんは。「週刊ウシオデイズ」編集長(?)こと松本です。







「週刊」といいながら、徐々に発行の日にちが遅れている
ダメ編集長(?)松本でございます。







みんなッ!オラにほんの少しの文才をッッ!!!




なんて,世界中の人々に



頼んでみたり、



お願いしてみたり、



懇願してみたり、



「どれも願ってばっかだなー」とかは言わないでください…







そんな今宵、白目を剥きながらの第7号 発行!





ですが、今回はいつもと少し違いますよ!




どこが違うって??



それは、最後まで熟読(2,3回読み直してイイから!)してからのお楽しみにです!!




そんな 期待と少しの不安を抱きつつ、





「週刊ウシオデイズ」第7号  発行だかんねっ!!







今回は、



あの有名な阿部商会様

 
特別協力により、




バッテリーキャンペーンやっちゃいます!!!




しかも、な、な、な、なんと


ACデルコオプティマの2大ブランドですよ!!



これはもう買うしかないよね!


交換するしかないよね!


このバッテリーキャンペーン中に!




阿部商会様のHPはコチラ

↓↓
阿部商会様




ココでACデルコとオプティマの説明を少し…



ACデルコ……
ACデルコは、30以上の製品群と70,000点を超える高品質部品を

取り揃え、世界中の自動車メーカーのあらゆるモデルに対応す

る部品を供給する自動車部品ブランドです。


当社が他社と比較して明らかに優れている点は、自動車部品に

関する高度な専門知識です。


ACデルコの製品は高度な性能/品質基準にクリアーし、さらに

それを上回る性能を発揮します。またそれらの部品は非常に高

い信頼性および抜群の適合率を誇ります。

約1世紀におよぶ歴史の中で、世界で最も優れた製品を提供す

るために、優れた人材を育成し、最良の製造工程を確立してき

ました。


ACデルコは常に業界をリードしてきました。それは当社の持つ

経験と最先端のテクノロジーがあるからです。



近年、自動車部品のエレクトロニクス化に伴って、ますます高

い品質と信頼性が求められています。ACデルコは様々な自動車

システムに適応できる製品を消費者の皆様や販売店様に確実に

お届けすることができます。


当社が世界の最高級部品供給ブランドとなるまでの歴史につい

てはACデルコの沿革をご覧ください。


こんなにスゴいACデルコの

バッテリー説明&スペックはコチラ!


↓↓
ACデルコ バッテリー




何といっても、バッテリーの種類の豊富な事、豊富な事。


国産、アメ車、欧州車だけじゃなく、


二輪用、マリン用、大型ディーゼル車用と



ありとあらゆるモノのバッテリーを取り揃えております!



いやー。スゴい!脱帽です!!




シボレーはもちろんの事、国産メーカーである


トヨタの車両にも純正採用されているほどの


信頼あるメーカーのバッテリーです。






そして、もう1つのブランドのオプティマ……


あの有名な

「ディープサイクルバッテリー」の代名詞…オプティマ。












長い間、正規代理店がなく、並行輸入モノが多く出回っていました。


しかし、今でもなおネットオークションなどでは、その当時(昔に仕入れた)の売れ残り品が流通してたり、しなかったり………




しかしご安心を!!コレからはちゃんと正規代理店である


阿部商会様を通して買う事が出来ます!






万が一の対応もバッチリです!


皆様が気になされている保証も、




3年もしくは8万キロですよ!(一部の商品は2年保証です)



そんなオプティマバッテリーの説明&スペックはコチラ!!

↓↓

オプティマ バッテリー



アメ車には、ボルトオンでつく車が多いんです。


なので、


オプティマ=アメ車


みたいなイメージがありますが、



そんなことはありません!



全くありません!




何と、国産の車にもボルトオンなのがスゴいじゃないですか!


その写真がコレッ!










阿部商会の営業の I 様のお車(トヨタ プロボックス)
ですけど、イエロートップのオプティマが
しっかり、がっちり収まっております。


(適合しない車種もありますので、まずはお問い合わせください)





欧州車は……適合しなくはないのですが、取付方法が特殊なので、ステーを加工しないと取付が無理な場合が多いです。


以前、すすけたホイール(汗)で登場した僕の車も


オプティマのレッドトップ S-4.2Lを付けていますが、




ステーを加工しております。






これは、以前にオプティマバッテリーに交換していただいた、お客様の体験談ですが、


そのお車、かなりオーディオにチカラの入っているお車でして、


お客様も、かなりの大音量でお聞きになるらしく、



鳴らしすぎで、アンプが強制的にパワーダウンしても、



「まだいける!まだやッッ!!」みたいなお方でして、



その方曰く、


「オプティマに変えたら、音、よーなったわー!マジで!!」



と言っておられました。
  

僕の車のオーディオは、あいにく純正のままなので、音の違いまでは聞き取れなかったです……


しかし、交換したのがレッドトップ、


セルの回り方が断然イイッ!!


ギュンギュン回るねー!!



欧州車って、ある日突然バッテリーがお逝きになるんですよ。



「昨日まではあんなに元気だったのに……」


みたいな感じですよ。


今の状況が飲み込めない感じ。


予期せぬ事態に遭遇ですよ。



でも今は「オプティマバッテリー」に変えたんで、

日々、平穏に暮らしてます。




この2つのリンク先を見ていただけたら、この2大ブランドの
スゴさがおわかりになられたと思います。




今年は例年に比べてとても暑く、車の中ではエアコン全開でないと、過ごせない日々だと思います。



人間の体も、この暑さはこたえますが、


お客様の車たちだって同じです。





色々な電子機器をフル稼働させていると、


「オシッ!出掛けっぞー!者共、続けーー!!」



などという、いざというときに、バッテリーが上がっていて、テンションが下がってしまいかねないです。






そうなる前に、予防しておきましょうよ!


バッテリーが上がってからでは、遅いです。


バッテリーは消耗品。



いつかは交換しないといけません。




だったら、この過酷な季節の時にこそ

新品のバッテリーを付けて


ドキドキ、ワクワク(←死語?)な
楽しいお盆休みを迎えようじゃないですか!!



バッテリーの不安が解消されたお車なら、


どこに出掛けても、楽しいはず。



遠出するには、不安材料をなくしてからですよ。



さてさて気になるお値段ですが、



なんとオプティマは全商品40%オフッ!!
↑ 消費税込みのお値段です!

 送料は一律800円いただきます。(離島はのぞく)



はたまたACデルコに至っては、最大で63%オフッ!!
↑ 物により%は変わります

 消費税込みのお値段です!

 送料は一律800円いただきます。(離島はのぞく)



その中でもオススメなのは、

78-6MF


コレは、アストロやサバーバン、タホ、C-1500などに

装着されているバッテリーです。


それが何と


28,500   → ¥10,500



続いて


65-6MF


コレは、フォードのナビゲーターやエクスペディションなどに

装着されているバッテリーです。


これも驚愕の


32,500   → ¥11,800



もう一丁!


79-6MF


コレはハマーH2やキャデラックの高年式などに

装着されているバッテリーです。


あれよ、あれよと


 
39,000   → ¥14,000


続いて欧州車シリーズ!



20-60


フォルクスワーゲン系の

コンパクトな車に装着されているバッテリーです。


オイオイ、マジかよ!


25,000   → ¥9,000



まだまだァ!!



20-100


コレはベンツによく使われているサイズです。


な、な、な、なんと!


39,000   → ¥14,000





どうですか!このお値段ンンッ!!


他ではまずお目にかかれないですよ!




一般のお客様、遠方の方々、業者様も、



お気軽に


我が「ウシオオートモービル」まで


↓↓
ウシオオートモービルのホームページ

CONTACTのページにメールアドレスあります!


メールかTELでにて、お問い合わせください。


↓↓
TEL 072-996-1484



代引き、銀行振込、どちらも対応しております。


↓↓
ウシオオートモービルのホームページ


CONTACTのページにメールアドレスあります!


最後にもう一度、



阿部商会様の特別協力により、


実現した、この



「バッテリーキャンペーン」!!!


何と8月31日まで実施しております!!


並行輸入品ではなく、


間違いの無い



正規代理店からの販売品なので、


アフターもしっかりしてますし、万が一、クレームがあったとしても、すぐに対応できます。







しつこく言います。


それはもうしつこく言います。


耳にタコが出来るくらい言います。



何なら別の魚介類でもイイですけど…





8月31日までの特別キャンペーンなんで、



是非とも、お問い合わせください。







ね?


今回は脱線もなく、いつもと違った「週刊ウシオデイズ」だったでしょ?




こういったキャンペーンもチョイチョイやりますんで、是非とも
「USHIOブログ」毎日見て、チェックしてください!







では、また!






本日はお付き合いありがとうございました。最後にひとつ、押してみてはどうでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


ひとつと言わずこちらのも押して頂ければ、色々頑張れそうな気がします。
↓↓↓↓↓↓↓↓








週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 23:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

★もんもん♪さんレガシー 徹底解剖 下巻!★

皆さん、こんにちは。「週刊ウシオデイズ」編集長(?)の松本です。




今回は先週お伝えした通り、


「もんもん♪さんレガシー 徹底解剖 
 今度は下巻  ホントに下巻
  ホイールペイント、そして……」




をお話しましょう。







っとその前に…


日頃、我が社の社長「飯塚」と、
スタッフである僕こと「松本」の書く(←僕は今回で6回目!)



「USHIOブログ」、ご愛読いただきありがとうございます。



この先々週から突然始まった


「USHIOブログ」初の「つづきモノ」どうだったでしょうか?



皆様方も、様々なお思いがあったと思います。

(たとえそういう思いが無かったとしても、あったと思わせてください。)





かく言う僕自身も、まさか3部構成になるとは、思ってもいませんでした。(他のカスタムポイントを書くと、まだまだ広げれるお車です。もんもん♪さんのレガシーは!)




来店していただいているお客様のクルマ、それぞれに、

コダワリのポイントがあります!




それを僕が「徹底解剖」と銘打ってしまったからには、

とことんそのコダワリのポイントを、お話するしかありません!






(………その過程での僕の脱線はご愛嬌)


となると、とてもじゃないですが、1話完結とはいきません。


ですので、これからこの「徹底解剖」はシリーズ化して、

チョイチョイ出しますんで、何とぞ



長ーーーーーーーーーーーーーい目で見てやってください。







前置きはこれくらいにして

「もんもん♪さんレガシー 徹底解剖 
 今度は下巻  ホントに下巻
  ホイールペイント、そして……」


発行だよ!!






少し遅れて入荷した、最近大人気のホイール、

「グノーシス  GS 2」





このホイールこそ、もんもん♪さんの車に装着するホイールです!




新しいホイールの箱を開ける瞬間って………イイッ!



ブレーキダストで汚れていないホイール……

リムにキズひとつないホイール……



当然ですが、隅々までピッカピカです!




この



リムを



塗ります!!
 





もんもん♪さんの要望でボディ同色に。




そして何より、リアホイールのリム幅スッゲーー!!!


18インチ、9.5jの

インセット     26ーッ!!



すんごい数字ですね!リアフェンダー、15ミリ出しましたもんね。





塗装の話に戻しましょう。

なんと言ってもまずは「マスキング」ですね。



このマスキング、結構苦労しました。

ディスク面のスポーク部分がせり上がっていて……

無理に引っ張ると、徐々に浮き上がってくるし、
カッターなども使えないし………


ですが、小さいヘラと自分たちの手を駆使して、どうにかこうにかホイール4本マスキング終了。
 


いよいよお待ちかね、「足つけ」の時間です。


新品のホイールですが、


キレイなアルマイト処理されたリムですが、



迷う事無く、ガンガン足をつけていきます!




足つけ終了後、専用の台にセットして、塗装開始です。





(塗装の工程のお話なので、以前のブログの内容とカブる部分が多くあると思いますが、それは再確認ということで、ツッコまないでください)





まずは密着剤を軽く散布し、ボディと同じ色を3、4回に分けて塗装します。

今回は「表面のリムのみ塗装」だったので、比較的容易に塗る事が出来ました。



「マスキングなしのホイールの全体塗装」
これが一番むずかしいです。

ホイールって表と裏があるでしょう?
全体塗装となると、当然ですが、表面はキレイでないといけません。

ですが、あまり見えない裏面も、まぁまぁキレイにしないといけないからです。


つまり、表と裏の両方を、一度の塗装でキレイに仕上げないといけない、ということです。


最終仕上げのクリアを塗る時は、色々工夫して塗装しています。




1回、1回塗り始める場所を変えて、出来るだけ塗料の膜厚を均一にしたり、従来のガンでは塗りにくい部分は、ひと回り小さなガンに持ち替えて、狙って塗ったり、色々とそれはそれは細々した工夫があります。




もんもん♪さんのリムペイントの話に戻ります。


ボディの塗装でもお見せしましたが、色を塗り終えた後の写真がコレです。





キレイなツヤ消し具合です。



この上に最終仕上げのクリアを塗ると、ピッカピカのツルッツルになりました。








塗装終了後は、遠赤外線ヒーターでしっかり硬化するまで焼き、
「磨き」の工程にうつります。



カタチは変われど、磨きもしっかりさせていただきます。

ただ、ホイールの磨きになると、大方ウエスにコンパウンドをつけて、ひたすら手で磨く……一番アナログな磨き方になります。




んで磨ききったホイールがこれですよ。




ツヤ消しのディスク面のブラック、
ツヤツヤのリムのボディ同色、

イイ色の組み合わせですね!


あとはタイヤを組んで、車両に取り付けるだけです。





イイナー、ホイールペイント、イイナー………。


僕もやろうかなー、でも何色にしようとか考えると、あっという間に何時間も使ってしまい、このままでブログを放棄してしまいそうなんで、今はパスッ!!



別の日にでも考えてみます。





そして先週、ホイール装着を終えたもんもん♪さんが、ちょっとした用事でご来店してくれました。


ヘッドライトにプロテクションフィルムを貼ってあるし、
キャリパーのカラーリングもイイし、
なにしろこの車高の低さ!


カッコよすぎですよ!








(車の全体の完成画像を撮り忘れてしまいました!スンマセン)




もんもん♪さん、

今回は休みの度に、何度も打ち合わせにご来店頂きありがとうございました。
また何かありましたら....


いや何もなくても、社長&スタッフの松本、K ともどもお待ちしておりますので!









本日はお付き合いありがとうございました。最後にひとつ、押してみてはどうでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


ひとつと言わずこちらのも押して頂ければ、色々頑張れそうな気がします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村


週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 11:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

★もんもん♪さんレガシー 徹底解剖 下巻?★

皆さん、こんばんは。「週刊ウシオデイズ」編集長(?)の松本です。


ココのところ、暑い日が続いていますね。


僕は会社で作業中、滴り落ちるくらいに、汗をかいておりますが、皆さんは体調管理は大丈夫ですか?





最近、左手の親指と人差し指の付け根、右手の肘のちょい前あたりが、凄く痛むんですよ。


まぁ、指と手って、仕事上よく使うんで、腱鞘炎なんかもしれないですね。






それで、2、3日前、練るときに「○の字貼り」で有名な

サ○ンパスを貼って寝てみたんですよ。






1日しか貼らなかったんで、効果のほどは…………
体感できなかったんですけど、



サロン○ス、臭っっせ!!

アイツ、すげー臭いのね。



次の日、ニオイ残んじゃねーの?(実はもう残ってる)

「アイツ、○ロンパス臭くね?」みたいに思われんじゃねーの?


ってな心配事するわけですよ。





会社に、社長と 僕と バイト君(全員 オス)しかいないのに

無駄な心配するわけですよ。




まぁ要するに、自己診断せずに病院行けって話ですよ。

近いうちに病院行ってきます。


あと、サロンパ○は臭いんで、もう使いません。







サロ○パス批判もそこそこに

「週刊ウシオデイズ 第4号 
もんもん♪さん レガシー徹底解剖 下巻?
発行です!




前回の上巻では、パテ処理の話と「手の感覚」の話をして、
最終的に脱線したまま終わったんでした!


今回は、実際にパテ処理をほどこすトコロからのお話です。



パテには種類が色々ありまして、「一番最初のパテ」、これには

FRP繊維入りの痩せにくいパテ(←痩せないではありません)を
使います。このパテ、硬化すると
「もの凄く硬くて、削るのに一苦労」なんですが、
カタチを作るという点では、かなり優れたパテなんです。



この「もの凄く硬くて……」、これが重要です!


最近、ラクに削れる作業効率ばかり考えたパテが多いんです。
そういうのを多様すると、パテ痩せ、ペーパー傷が出てきたり、
後々トラブルになったりします。



なので、僕たちはなるべく硬くて、痩せにくいパテを選んで使ってます。



「削るのに一苦労」は言うまでもなく、
岩石みたいにカッチカチに硬いんです。




まぁこれは、パテを削る側の人間の問題なんで、


僕たちが腕を、酷使しすぎて棒のようになろうとも、

僕たちが腕を、酷使しすぎて引きちぎれようとも、

僕たちが指を、酷使しすぎて痛くなっても、

僕たちが指を、酷使しすぎてあらぬ方向に曲がっても、




パテを削れば、問題ナシ……………かな??




パテの種類の話に戻りますが、上記のパテの次に使うのが、
「少し硬いパテ」、その次は
「ホンの少し硬いパテ」と、段階を経て仕上げていきます。




簡単に言うと、どんどんキメの細かいパテにしていくって事です。



って、なんやかんや、てんやわんやしていると、
パテ処理終了!


その画像がコレッ!








何か、スゴい模様になってるでしょ?
この色とりどりの模様こそが、数種類のパテを使って、仕上げている証拠なのです。




さぁ、次はいよいよペイントの下準備です。
車をキレイに洗車して、出来るだけホコリなどが付いていない状態でブースに入れます。




ブースに入りましたら、「マスキング」の開始です。



「マスキング」……

僕のブログの「足つけ」のお話のとき、読んでくれた方々はおわかりだと思いますが、
しっかり、きっちりマスキングしないと、スプレーガンから出る
超細かい塗量の粒が、ほかの部分に付着してしまい、お客様の車を汚してしまうので、完璧に作業します。




マスキングが終了しましたら、今度はペイントの下準備、
「サフェーサー」を塗るためのマスキングをします。



「サフェーサー」……

下地です。パテを削ったペーパーの傷を埋めたり、
パテでは取りきれなかった小さな気泡を埋めたり、

その他、いろいろ使う理由はありますが、今回は省略して、

ボディカラーを塗るためには、必要な行程だと思ってください。







今回のレガシーの場合、パテでの作り込みが激しかったので、
少し厚めに塗ります。




サフェーサー完全乾燥後、しっかり水研ぎし、ボディーカラー塗装後にサフェーサー跡、パテ跡を出にくくするために、

あれやこれやと工夫して、さぁさぁお待ちかね、ボディカラーの塗装です。











マスキング方法から見てもおわかり(?)の通り、
いろいろな諸事情により、今回はクオーターパネル部分のみの
塗装になります。


この場合、調色(色合わせ)のレベルが数段上がります。


カラー番号通りに色を作ると、100%合致してくれればいいんですけど………1回で合致した試しがありません。


しかもこの調色、どハマりしたら、ちょっとやそっとじゃ抜け出せれません。




長い長い……それは長い負の連鎖........孤独な戦いの始まりです。






幸い、もんもん♪さんのボディカラーは、以前に僕たちが塗装させていただいたモノなので、比較的短時間で調色できました。


色も出来たことですし、塗装用ツナギを着て、塗装開始!
(前置きが長い事、長い事。)




写真では旧塗膜とサフェーサーとの境界線が見えますよね。

当然サフェーサーの部分はしっかり塗らないといけないです。
旧塗膜を全て新しく作った色で塗るのもねぇ………


って訳で、「ボカシ」て塗ります。



「ボカシ」って何??って思ってる方々もおられると思います。


簡単に、



そりゃあもう簡単に言いますと、



「ボディカラーを徐々に薄くしていき、旧塗膜との色の違いを
わからなくする」塗装のテクニックです。




どの部分でボカすのかは、ある程度セオリーがありますが、
必ずその場合に、あてはまることが無かったりもするので、
その時は、塗る人の感覚というか経験というか……….




ボカす部分を考えて、カラーベース塗装を終了したのが
この写真です。












イイ感じのツヤ消しになっていますね。


このまま、ツヤ消しクリア塗ってもカッコイイ!!


とか思ったり、


思わなかったり、


やっぱり思ったりとかしましたが、おわかりのように、
ほかの部分がツヤありなのに、1部分ツヤ消しもおかしいし、
何よりもんもん♪さんに………なんで、しっかり、ガッツリ


ツヤッツヤのクリア、塗らせていただきました。











どう?どうよ?キレイっしょ。しっかり、ガッツリ塗りましたからね!
クリアの事を話すと「また脱線かよー」ってなりそうなんで、
今回はやめます………



塗装も終了したんで、後はしっかり乾かして、「磨き」と「組付け」の作業を残すのみです。







「磨き」については脱線しません。


ここではしません。



4回も5回も脱線しません。(若干多め)




脱線はしませんが、説明はします。



それはもうさらっと。



まず、塗装面についたホコリを1500番のペーパーで取ります。そのあと、2000番で他のボディの塗装面と、仕上がりが同じになるように整えます。その後、3000番のペーパーをあて、コンパウンドをつけて、ポリッシャーで磨きます。




あっ。切開したインナーも、チッピングコートしてキレイに仕上げましたんで。






リアバンパー、テールランプ、ホイールを取り付け、完成です!










どうですか?この落ちっぷり!男前ですねー!


15ミリ膨らましたフェンダーも然る事ながら、
かさ上げしたフェンダーアーチも、すごく自然じゃないですか。




後は、もんもん♪さんの到着を待つばかりです。








えっ。「ホイールのペイントがまだじゃないか。」ですって?

慌てる事なかれ。実はホイールの到着が少し遅れたので、
いったん車を納車後、ホイールペイントしたんですよ。



この調子でホイールのペイントもいきましょう。






っと思ったのですが、前回に引き続き、またまた書きすぎましたので、次回に持ち越しです!



次号、「週刊ウシオデイズ もんもん♪さんレガシー 徹底解剖  今度こそ下巻!  ホイールペイントの全貌が今、明らかに!」をお楽しみに。




では、また!!









本日はお付き合いありがとうございました。最後にひとつ、押してみてはどうでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


ひとつと言わずこちらのも押して頂ければ、色々頑張れそうな気がします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 22:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

★もんもん♪さんレガシー 徹底解剖 上巻★

皆さん、こんばんは。「週刊ウシオデイズ」編集長(?)の松本です。


今週はみなさん、ワールドカップの話題で持ち切りだったのではないでしょうか。



「ニッポンがんばれっ!!」


「サムライブルー!!」

みたいな感じだったと思います。








ですが、僕は予選はおろか、火曜日の「ベスト8にいけるかも?」の決勝トーナメントすらLIVEで見ていません…
(次の日、休みなのに。)



周囲の皆さんが一喜一憂するなか、

「逆に見ないでおこう…」

「話題に取り残されても、えっかー」

みたいな考えで、全ての試合の結果を、ニュースのダイジェストや、人から聞いた話でしか知りません…




まぁ、僕は僕なりに、日本代表とは違った意味での

「サムライ道」

を貫いたつもりです。(考え方がねじ曲がってますね。ホント)




この場を借りて言います!


日本代表の皆さん。夢をありがとう!

アンタ達はスゴいよ!いやマジで!

ベスト8入り、惜しかったね。

(ダイジェストしか見てない僕が言うのもアレですが……)







これ以上、ワールドカップの話をすると、色々とボロが出て、
見知らぬ人に、内股に思いっきりローキックされたりしそうなんで、もうやめます……




冒頭からいきなり脱線しましたが、

「週刊ウシオデイズ」第3号 発行ですよ!




今日は、先日、完成、納車しました もんもん♪さんのレガシーのオーバーフェンダー&ホイールペイントについてお話しましょう。




あれは5月初旬のことでした。

「もんもん♪さんのレガシー、もー少ししたら入庫するから。」
みたいな感じで話がありました。
「次、何やるんスか?」と聞くと、

「んー。新しいホイール買うから、そのホイールにあわせて、
リアフェンダー作りたいんみたいやで!」







ええぇっ!


マジ!!



マジでっっ!!!


「まだまだやりたいこと、あるんスよー。」
って言っていたもんもん♪さんですが、まさか新しいホイールとリアフェンダーの作り込みとはっ!


かなり驚きです!!
………と同時に俄然やる気が出てきました!


こういう「激しい作り込み」って時間はかかるし、とても大変なんですが、出来上がりの完成形を想像すると、楽しいので好きです。



「どんなホイール買うんやろー?」などと考えて数日間仕事していると、5月中旬の月曜日、もんもん♪さん、来店です!


来店時は、仲のよいお友達から借りたホイール
「LEONHARDIRITT Rasen」という3ピースホイールを装着されてました。



作業内容は

①このホイール(LEONHARDIRITT Rasen)を基準にオフセット       (今はインセット、アウトセットという)を計算後、何ミリ、リアフェンダーをたたき出すのかを割り出す。
             ↓
②実際にリアフェンダーをたたき出す。
             ↓
③リアフェンダーアーチを数ミリ上に上げる。
             ↓
④FRP整形後、パテ整形。
             ↓
⑤サフェーサー塗装後、ボディーカラー塗装。

みたいな流れです。(ものすごーく簡単に書きました)



「よろしくお願いします!!」

そう言ってもんもん♪さんは帰られました。

もんもん♪さんは凄く礼儀正しい好青年です。
きっと、ナチュラルボーンで好青年です。


「あのホイールのオフセット(インセット)から何ミリ外に出すんスか?」
その後、社長に聞きました。



「…………………15ミリ、出したいんやって。」
















おぉぉおおおぉぉぉおぉぉおぉおおおぉお……………!!!!


スゴい数字が出てきました!借りているホイールでさえ、車高を落とすと当たるのに、その状態からさらに15ミリ出すんですかっ!





ってか出んの?ねぇ出んの?




いいや、出しますっ!出しますよっっ!!







とは言ったものの、一筋縄ではいきませんでしたねー。
色んなトコロ、当たりまくりです。







車高を下げていくと、ホイールがハの字に寝てくるのを、干渉しないようにたたき出すんですが、車高をベッタベタまで下げると、ハの字に寝ながら、ホイールが前に傾くようになってしまうんです。





ここで、「ハの字に寝ながら、ホイールが前に傾く」足回りの説明をしようかなと思ったんですが……………やめます!


ブログを見てる方々自身で「何で前に傾くの?」ってのを探してみてください。





説明しないよっ!

どんだけ聞かれても、ここでは説明しないんだからっ!







この「前に傾く」が、かなり厄介でした。
リアフェンダーアーチの立ち上がりの部分!

15ミリも出すんですから、ホイールとのクリアランスが

狭いこと!狭いこと!!


「無理矢理出した感」にならないように、

内側の当たる部分をハンマーで叩いたり、

内側の当たる部分をハンマーで叩いたり、

内側の当たる部分をハンマーで叩いたり、






…………ってハンマーしか使ってませんね。






ある程度は出したんですが、ある一部分だけ出ない…………
加えて「フェンダーアーチのかさ上げ」の加工もあって、
リアフェンダーのインナーとアウターを

潔く切り離しました!


ノープラン、まぁいわゆる「行き当たりばったり」で切ると、
どうしようもない仕上がりになりますが、
綿密な計算(ちゃんと目視もしますよ。)の上、「ここが当たる!」という所を割り出して、
エアソーやら、カットオフやらその他、色々な道具を使って切開します。



もちろん、切開した部分はフタをするのでご心配なく。





インナーの処理も終わり、いよいよアウターの処理に移ります。
アウターを全てパテで作ってしまうと、重量もさることながら、
一番大事な強度が心配なので、もんもん♪さんと相談した結果、
今回はFRPを使って強度アップをはかります。


FRPを貼る前処理として、母体をしっかり80番あたりの荒いペーパーで足つけをして、規定量の主剤と硬化剤を混ぜたFRP樹脂を使って、FRPマットをキレイに貼り込み、専用のローラーで脱泡します。

FRPをしっかり乾かした後で、またまた80番でペーパーをあてて、表面を足つけし終えたら、いよいよパテ作業開始です。





パテ作業と一言でカンタンに書いてますが、

この作業、以前に紹介した「足つけ」と同じくらい



「地味」で「しんどくて」、「時間がかかる」に加えて、



「凄く汚れる」のと「もの凄くむずかしい」がプラスされます。




「凄く汚れる」ってのは、まぁ読んで字のごとく、
パテの削った粉が、服についたりすることで………。


問題はコイツです。「もの凄くむずかしい」



これは、ホントにむずかしいです。


何がむずかしいって。



それは「手の感覚」を身につけなきゃいけないのがです!



「手の感覚」とは何ぞや?
と言いますと、対象物の「歪み」を手で触って、


「この部分が低い」とか「ここが高い」とかの「目では見えないカタチの情報」を確認するための技術です。



「手のひら」で全ての情報を得なければなりません。




この技術が無いと、パテを削っていても「ただ削っている」だけに過ぎません。



どの部分が高いのか、低いのかを把握していないと、

パテを削るだけムダです。

あと、パテを付けんのもムダ。



だから、この技術を早く身に付けないといけません。


鈑金屋、塗装屋の基本なのです。










って、今回は「もんもん♪さんのレガシー 徹底解剖」でした!いけねーいけねー。


「手の感覚」の話に夢中になりすぎました。





話を元にもどしましょう。(一回のブログでどんだけ脱線すんだよっ!!…………とかは言わないでください。)










………と思ったんですが、今回は脱線したまま終了です!
(単純に書きすぎましたー!)




という訳で、「もんもん♪さんのレガシー 徹底解剖」は




下巻に




つづく。




では、また!!







本日はお付き合いありがとうございました。最後にひとつ、押してみてはどうでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村




ひとつと言わずこちらのも押して頂ければ、色々頑張れそうな気がします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村

週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 20:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

★「マザーズ」について本気出して考えてみた★

皆さん、こんばんは。「週刊ウシオデイズ」編集長(?)の松本です。
なれないパソコンとの死闘の末、ようやく第二号 発行です!


今日は「マザーズ」の紹介をしましょう。


「マザーズ」……アメ車に乗っておられる方にはおなじみの
商品ですね。どういう物かと言いますと、アルミホイールやその他のアルミ素地のパーツの、白くくすんだ表面を、ピカピカのツヤツヤな状態にしてくれるスゴい奴です。


僕たちも長い間この「マザーズ」にはお世話になっております。
何年前からあるのかは知りませんが、とにかくエエ仕事しまっせ!

これを使って一所懸命磨くと、スゴくピカピカツヤツヤになります。


ただ一つ、僕の気になる点としましては、ニオイがちょっと……

研磨剤特有の、あの何とも言えないニオイが、僕自身あまり好きではなんです。「マザーズ」はあのニオイが特にキツい気がします。社長は「そんな気にならんなー」って言ってますけど。



閉め切った部屋なんかで使ってしまったら、それはもう………

みな…さ……ん。換……気…は、十分に……しましょ…う。










軽く違う世界に旅立っておりましたね。仕事放棄しすぎです。



コレを見てください。フタの上にプリントされてある「マザーズ」のマスコットキャラ(?)でしょうか、優しそうなおばあさんが書かれてあります。
イイ人そうな顔してますね。絵から優しさが、にじみ出てますよ。孫の事、めっちゃ可愛がりそうだし、週末にはケーキとか作ってくれそうじゃないですか。
おいしいやろなー、ケーキ……



ってここではケーキの話はしませんから!僕、作れませんから!

ケーキの作り方は、ご近所のパティシエに聞いてください。


でも何で、こういうケミカル系のマスコットキャラがおばあさんなんでしょうね。アメリカ人のバ………いやいや、おばあさんはあんなニオイするんでしょうか?

僕がアメリカ人なら、「おばあちゃん子」にはならないですね。

間違いない。絶対にない。どう転んでもない。


嗚呼!ニオイのことを書きすぎて、完全に嗅覚が破壊され、思考能力が低下しつつあります。震える手をどうにか、こうにか抑えつつ、ブログを書き進める事にしましょう。



いよいよ本題、「マザーズ」の力をお見せいたしましょう!

今回の実験台はコチラです!
最近よく見たり、聞いたりする「アメ鍛」です。
ブランド名は「i forged」




おぉ。なんということだ。こんなに白く、くすんでしまうとは
なさけない……。


申し訳ございません!このわたくしめの車のホイールでございます!



軽い懺悔も終わったところで、いよいよ実験です。

まずはブレーキパットのゴミや汚れなどを、水洗いして落としましょう。



洗い終わりましたら、乾いたタオルなどでしっかり水気を拭き取りましょう。
リムがイイ感じに白く、くすんでますねー。




効果のほどを、よりわかっていただくために、リムにマスキングテープを貼って、部分で磨いてみましょう。




では「マザーズ」のフタを開け、柔らかいウエスなどに、(オロナ○ンH軟膏のような白いペースト状のモノ)小豆くらいの大きさ分、取りましょう。





後は、ただただ磨くのみです!

一心不乱に磨くのみです!






二分ほど磨けばどうでしょう………!

腕の筋肉がイイ感じに疲れてきました!
プルプルなってきそうです!



あっ。僕の腕の状態はどうでもいいですよね。


「マザーズ」で磨いたウエスを見てみましょう。
なんと!驚きの黒さです!




そして、新しいウエスで磨いたリムをやさしく拭いてみましょう。するとどうですか!見違える輝きを放っているではありませんかっっ!!





↑使用後


↑使用前

一回でお望みの輝きにならなかった場合は、再度「マザーズ」を使って「一心不乱に磨く!」行為を繰り返しましょう。



洗車もしないで、汚れたままほおっておくと、僕のホイールのように、後でスゴく大変なことにありますので、定期的に「マザーズ」をお使いになるのをオススメします。


後はこの作業を繰り返すだけです。(x4本)




いかがだったでしょう。
今回は「マザーズ」について本気出して考えてみました。

車をカスタマイズしてカッコよくするのって楽しいですよね。
でも、せっかくのカッコイイ車も洗車せずに汚れていたら、悲しくないですか?

「洗車って車にとって一番のカスタムやなー!」
↑これは社長とも言っていますが、ホントにそうです。


スイマセン!洗車サボっていた僕には、傷口に塩を これでもかってくらい擦り込まれた後に、アッツアツの蒸しタオルかぶせられるような言葉です………


皆さん、どうですか?

ホイールはきれいでしょうか?
リムは買った時の輝きを放っておりますか?

汚れているのであれば「マザーズ」

白ボケてくすんでいるのであれば「マザーズ」

一度お使いになってはいかがでしょう「マザーズ」

我がウシオオートモービルでも取り扱っております「マザーズ」

「マザーズ」、「マザーズ」、どうか「マザーズ」をよろしくお願いします。(←アレッッ!これ選挙!?)




このブログを見て、
「ケーキ」を食べたくなったら、各家庭のおばあさんに。

「マザーズ」を使いたくなったら、ウシオオートモービルに一度お問い合わせください。




それでは、残りのホイール(3本と中途半端に磨いたホイール1本)を磨くという大仕事が残っているので、
本日の「週刊ウシオデイズ」、これにて終了です。

次の日の仕事に支障をきたさない程度に磨いてきます。




本日はお付き合いありがとうございました。最後にひとつ、押してみてはどうでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ひとつと言わずこちらのも押して頂ければ、色々頑張れそうな気がします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村

週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 19:18 | コメント(2)| トラックバック(0)

★週刊ウシオデイズ 創刊★

皆さん、こんばんは。

“週刊ウシオデイズ”編集長(?)の松本です。

右のカテゴリーの中、一番上にあるのを気づかれた方もおられるでしょう。ここに僕の書いた記事を載せていきますんで、今後ともよろしくおねがいします。


前回は僕自身の紹介などをさせていただいたので、本日が記念すべき第1号 発行でございます。 

嗚呼、何かスゴく緊張しますね…………




…………っとモジモジするのにも少し飽きてきたんで、
今日は、ウシオオートモービルの数ある仕事のの中の

『ペイント』の部分のお話……その中でも基本の基、
「足つけ」について少しお話させていただきます。


「足つけ」……んー。完全に塗装屋用語ですね。
噛み砕いて言うと、「紙ヤスリなどで、対象物にキズをつけること」
ですかねー。

↑これは耐水ペーパー。



↑こっちはスコッチってよんでます。

何でわざわざキレイな物にキズをつけるのかというと、

旧塗膜と新塗膜の密着を良くするためです。

ぶっちゃけ言うと「足つけ」しなくても、塗装はできるんですよ。
でもね、密着が全く良くないので、ペリペリめくれてきます。
何がって?そりゃあもちろん

「新塗膜」が。

どれくらいペリペリめくれるのかと言うと……そりゃあ止めどなく、ペリペリ、パリパリめくれてきますよ。

袋を開けたら最後まで食べ尽くしてしまう「かっぱ○びせん」くらい         “やめられない とまらない”ですよ。


んー。何か違うなー。
“(新塗膜がめくれることは)やめたいんだけど、(足つけが出来てないために、新塗膜のめくれるのが)とまらない” ←コレですね。あー、しっくりきた。



もういいですよね。かっぱ○びせんのキャッチコピーに例えるの、
もういいですよね。


話を元に戻しましょう。
要するに「足つけ」をしていないツルツルの表面の物には、
塗装は出来ても密着性がとても悪いので、「何かのキッカケ」でペリペリめくれてきます。

「何かのキッカケ」って何なのか気になるでしょう?
一番代表的なのをお教えしましょう。それは、自動車関係のお仕事の方や、二輪のお仕事の方など、様々な方が使われている
「マスキングテープ」です。

僕たちの会社、今更ですが塗装もやってたりするんで、頻繁に、
それはもう1日も使わない日がないくらいに使うんですよ。

※「マスキングテープ」とは、作業するところ以外を汚したり、傷つけたりするのを防ぐテープのことです。


↑これがマスキングテープ。いろいろな太さがあります。


↑左がマスキングフィルム、真ん中と右がマスカーと呼ばれるもの。


なぜ「マスキングテープ」がキッカケになるのかと言いますと、
例えば車のボディ(ここの場合は外側とします。)にキズが付いたとしましょう。キズを補修し、次はいよいよ補修した部分を塗装します。

当然の事ですが、ボディの外側を塗るんで、内側(塗らない部分)は「マスキングテープ」や「養生紙」を使って“キレイに”隠さないといけません。

隠さないとどうなるでしょう…………

答えは「猫のベロみたいにザラッザラになる」です。
何故かと言うと、僕たちペインターが使うスプレーガンは、
エアコンプレッサーで作られた圧縮空気を使って塗装します。

それとスプレーガンの特性の「塗料の高微粒」とがあいまって、
「高い圧力の空気と、とても細かい塗料の粒」がスプレーガンから出るんです。
スプレーガンから出る「塗料の粒」ってメチャメチャ細かいから、色んなトコについちゃうんです。でもって圧縮空気を使ってるから、
飛散の仕方もハンパないです。

この時にしっかり「マスキングテープ」などを使って隠していれば、
大丈夫ですが、ちゃんと隠さないと………

今、身近にいる猫のベロを触ってみてください。

それくらいか、それ以上のザラザラ感です。


少し脱線しました。「足つけ」の話に戻ります。

例えの話のボディの内側……「足つけ」されずに塗装されていたら
どうでしょう………
「マスキングテープ」を貼るのは、まぁ百歩譲って貼れたとしましょう。

外側の塗装が終わり、内側の「マスキングテープ」や「養生紙」を取るときに………


ペリペリめくれたり、パリパリはがれたりするんですよ。

少し前に戻ってもらったらわかると思いますが、

「マスキングテープ」は

“作業するところ以外を汚したり、傷つけたりするのを防ぐテープ”

なんです。

作業する人間は「汚さないでおこう、傷つけないでおこう」
と思ってキレイに「マスキングテープ」を貼って、
お客様の車両を保護するのに、

心ない誰かが「足つけ」をせずに塗装する事によって、
関係のない仕事が増えたりするんですよ。



納期や金額、その他いろいろ、クオリティを下げざるを得ない
何かしらの理由とかがあったのかもしれません。

しかし、僕は嫌いです。

僕の中で「足つけをしない」というのは、一部を除いてありません。
足つけ出来ないもの(メッキ処理された物など)があったりするので。
それ以外は全て「足つけ」して塗装しています。


「足つけ」って塗装屋の基本なんですよ。
一番最初に教えられる仕事に近いし、誰にでも出来ると言えば出来る
単純作業なんです。

でもこの作業を無視または軽視する人がいてるから、
そういう人達の後で仕事をする人間は、
無意味な苦労をしてたりするんです。


「誰にでも出来るのに、なぜしないのか。」



答えはカンタンです。

面倒くさいからです。

地味で、しんどくて、時間がかかるから、ですよ。



でも、こういう地味で、しんどくて、時間のかかる作業を積み重ねたものが、ウシオオートモービルに来て頂いた

「お客様の愛車」や「その愛車に装着されている商品」達なのです。



長々と書きましたが、僕の言いたい事は、

「足つけを、甘く見ないで!」です。

それと同時にこの言葉を、「ウシオオートモービル 社訓その1」
として、これからもしっかり、きっちり

「足つけ」していきます。




本日はお付き合いありがとうございました。最後にひとつ、押してみてはどうでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ひとつと言わずこちらのも押して頂ければ、色々頑張れそうな気がします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村

週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 21:39 | コメント(2)| トラックバック(0)

「はじめまして」をはじめました

いつも「USHIOブログ」を見てくれている大勢の方々、はじめまして。ウシオオートモービル、スタッフの松本です。突然ですが、この6月からブログのほうにも参加することになりました。



僕の存在を知ってくれている方もいれば、そうでない方もいると思います。主に会社で何をしているかと言いますと、スプレーガンを持って塗装したり、時には木を削ったり、パテを研いだり、はたまたFRPを使ってワンオフの物を造ったり.....と思いきやお客様の車両にセキュリティシステムやその他の電装品を付けたり.....。書き出すとキリが無いくらいの業務があります。


平たく言いますと「手を動かすほぼ全ての作業」を1人、もしくは社長と2人でやっております。日々、ウシオオートモービルで一所懸命に仕事をしていたら、気付けば8年もたち、9年目に突入してました。


ブログの参加の理由は、毎日現場で作業してる人間(←社長も含まれてますからね!)だからこそ言える「細かい部分の作り込み」、「この作業の時にはこういう所に気をつけている」、「塗装途中や製作途中のレア写真」、「日々の作業風景」、「使っている道具の紹介」、「コダワリのポイント」などを、僕がこの「USHIOブログ」を通じて、少しでもお客様に伝えることが出来ればなぁ.....と思い、社長と話し合って決めました。

毎日更新.....ということは出来ませんが、(社長。スンマセン!)個人的意見もふんだんに取り入れながら、書いていきたいと思います。



初参加の今日は、僕自身の紹介もさせていただきましたし、僕の書く内容の事にも少しばかりですが触れましたので、これで終了させていただきます。




次の僕の登場は.....いつでしょうね(笑)
ほんの少しでも気になっていただけた方は(お友達や身近な方などをお誘いの上)、毎日「USHIOブログ」見てくださいね。僕もチョイチョイ書いてますんで。


本日はお付き合いありがとうございました。最後にひとつ、押してみてはどうでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ひとつと言わずこちらのも押して頂ければ、色々頑張れそうな気がします!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村



週刊ウシオデイズ | 投稿者 USHIO 20:59 | コメント(4)| トラックバック(0)
↓当社ホームページ↓


<<  2011年 5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ホビダス[趣味の総合サイト]